スコティッシュ・カントリー・ダンスの歴史

こんにち、「スコッティッシュ・カントリー・ダンス」ということばは、多くの伝統から発展し、スコットランド人はもちろん、スコットランド以外の人々によって世界中で踊られているスコットランドのソーシャル・ダンスを意味します。

RSCDSは常にダンスのソーシャル面の重要性を強調してきました。ですが、これはダンシングの正しいテクニック基準を守ることでもあるのです。すばらしい音楽、訓練されたダンシング、込み入ったフロア・パターン、そして社交性の独特な融合は、世界中の多くの人々にアピールしています。

スコティッシュ・カントリー・ダンシングはまさにスコットランド・スタイルのカントリー・ダンスで、おもに17世紀のイングランドのスタイルに由来しています。スコットランドの音楽を使い、列は“長ければ長いほどよい”形式で踊られるものでした。

18世紀のはじめ、スコットランドにおけるカントリー・ダンスの出現に続き、ダンスはスコッチ・リール、カドリール、ワルツのような他のダンスの特徴を取り入れて変化して行きました。ですが、摂政時代(1811-20)のカドリール浸透以降のソーシャル・ダンシングにおいて、イングランド・スタイルからのもっとも著しい変更は、今までにない正確なフットワークを強調した、ということです。RSCDSはいまでも正確なフットワークを求めています。

いうまでもなく、スコットランドには他のトラディショナル・ダンスがあり、この時代にカントリー・ダンスはそれまでのストラスペイ、リール、ラント、ジグからその特徴を取り入れました。結果としてダンスのスタイルはスコットランド社会になじんで行きました。「カントリー・ダンス」の優雅さと礼儀、そして古い踊りのエネルギーとステップの正確さが人びとに受け入れられたのです。

やがてイングランドではカントリー・ダンスは消えてしまいました。が、スコットランドではなお元気で生き続けていました。ダンシング・マスターたちは熟練のミュージシャンで、ヨーロッパ中を広く巡回し、新作、つまりカドリールやポルカなどのはやりのダンスを取り入れ、レパートリを広げました。

RSCDSの電子ニュースレターを読むには。

登録すると:

  • RSCDS主催イベントの最新情報がとどきます
  • みなさんのイベントを広告できます(世界中の数千人にとどきます)

RSCDSのブランチに加入し、会員特典を得ましょう

全大陸の50ヵ国以上に、159のRSCDSブランチと320を超える関連グループがあります。(南極大陸にはありません)

各ブランチ、グループはそれぞれの地域でクラス、ダンス会、ソーシャル・イベントを行なっており、将来の人たちに向けスコットランドのダンスと音楽を育成・普及しています。

みなさんが、スコティッシュ・カントリー・ダンシングって楽しいかどうか試してみたい、というのを、私たちは大歓迎しています。どうぞ仲間にお入りください。そしてスコットランドのダンスがどんなものかを感じてください。

みなさんが世界のどこにいようとも、そこにはきっとスコティッシュ・カントリー・ダンシングがあります。

身近にあるブランチを見つけましょう

  • Copyright © 2019 Royal Scottish Country Dance Society
  • Registered Charity No. SC 016085
  • Company No. SC 480530
  • 12 Coates Crescent, Edinburgh, EH3 7AF