スコティッシュ・カントリー・ダンスとその音楽とはどういうものですか?

社交的で、楽しく、変化していくもの、です。スコティッシュ・カントリー・ダンシングは18世紀・19世紀の親睦のつどいや舞踏会にルーツがあるといわれ、こんにちまでずっと人気を増やし続けています。

ダンサーはふつうセットでグループとなり、3、4または5組のカップルで1セットを作ります。カップルは互いに向かい合い、男性ライン・女性ラインを作ります。またスクエアのセットとなることもあります。セット内はともに動き、そのダンスに特有なフォーメーションを組合せて踊ります。すべてのカップルがダンシング・カップル(主役)となれるよう、ダンスが進行します。

スコティッシュ・カントリー・ダンサーは、身体的・精神的に満足感を得て、ダンス経験を共有しながら、楽しいから踊っているのです。ダンサーは地元のクラブで、あるいは公会堂で踊り、ケイリのイベントで踊っていますが、その楽しさに違いはありません。

技量競技会もあります。世界中の多くのグループが、ダンスという形で他のグループと技量を認め合い、イベントやフェスティバルでダンス演技を行なっています。ベーシック・ステップとフォーメーションは簡単に身につきますが、競技ダンシングの場合は、必然的に高レベルのテクニックが求められます。

”21世紀に足を踏み入れた、歴史的なダンシングを体験しましょう“

Scottish Country Dancing
Scottish Country Dancing
Scottish Country Dancing
将来へのダンシング

誰もが世界中の地元グループやRSCDSブランチで踊れるよう、私たちはスコティッシュ・カントリー・ダンスの普及と標準化を続けています。新しいダンスの数々は、複雑さと取りつきやすさの間でさまざまな変化があります。みなさんのSCDの経験がどれくらいかわかりませんが、まったくの初心者、経験の少ないダンサー、挑戦を待ち受けている経験豊かなダンサー、それぞれにマッチしたいろいろなダンスがあります。

ダンスのための音楽

スコティッシュ・カントリー・ダンシングに用いられる基本的なリズムは3種類です:リールReel、ジグJig、ストラスペイStrathspeyがそれで、このほかにワルツWaltz、マーチMarchもあります。

スコティッシュ・カントリー・ダンシングに用いられるいろいろなリズムについて、詳しい説明はビデオや有名曲の試聴と同じく、「音源の入手先」をご覧ください。

スコティッシュ・カントリー・ダンス音楽を勉強しよう

RSCDSの電子ニュースレターを読むには。

登録すると:

  • RSCDS主催イベントの最新情報がとどきます
  • みなさんのイベントを広告できます(世界中の数千人にとどきます)

RSCDSのブランチに加入し、会員特典を得ましょう

全大陸の50ヵ国以上に、159のRSCDSブランチと320を超える関連グループがあります。(南極大陸にはありません)

各ブランチ、グループはそれぞれの地域でクラス、ダンス会、ソーシャル・イベントを行なっており、将来の人たちに向けスコットランドのダンスと音楽を育成・普及しています。

みなさんが、スコティッシュ・カントリー・ダンシングって楽しいかどうか試してみたい、というのを、私たちは大歓迎しています。どうぞ仲間にお入りください。そしてスコットランドのダンスがどんなものかを感じてください。

みなさんが世界のどこにいようとも、そこにはきっとスコティッシュ・カントリー・ダンシングがあります。

身近にあるブランチを見つけましょう

  • Copyright © 2019 Royal Scottish Country Dance Society
  • Registered Charity No. SC 016085
  • Company No. SC 480530
  • 12 Coates Crescent, Edinburgh, EH3 7AF